盆栽の形(樹形)の紹介

樹形の形は様々ありますが、自然の中に存在している木に近いものほど良いものと言いましたが ではその樹形について、どのような形のものがあるか紹介したいと思います。

斜幹

斜幹(しゃかん)

全体的に、どちらかに寄っており、風に吹かれた木の様子を再現したものです。風に吹かれて傾いている方向の逆サイドの根の張り方が安定しているものがよいといわれています。

※マツ類・カエデ・モミジ等

模様木

模様木(もようぎ)

根元から最初の枝(立ち上がり)までの幹に曲があり左右に模様を作りながら伸びているものがよいです。枝にも曲があるものがベストです。幹が左に流れているものを右勝手、右に流れているものを左勝手といいます。枝の配置が難しく、一般的に、曲の外側に枝をつくり、曲の内側には枝を作らないのが原則です。

※マツ類、五葉松・もみじ・ソロ等「

直幹

直幹(ちょっかん)

幹に曲が無く、まっすぐに伸びたものです。根がしっかりとしており、八方根でコケ順がよいものがベストです。 枝の根元に盛り上がりをつけないように注意する必要があり、盆栽の中では基本的な技術が最も要求される難しい樹形と言われています。

スギ・ヒノキ・松

懸崖(けんがい)

懸崖(けんがん)

「立ち上がり」部分から枝が斜め下に垂れているもの、一般に鉢よりしたにしだれているものが懸崖といわれています。断崖絶壁にしがみついているような、強く生命力を感じさせるようなものよ良いとされています。 枝が鉢よりもたれているため、台が必要となります。

※サツキ・シンパク・紅紫檀

文人木

文人木(ぶんじんぎ)

幹が細く、弱さとしなやかさを思わせるものがよく、文人が好むというところからこの名前が付けられました。赤松や五葉松が代表的等が代表的です。

梅・赤松・五葉松

吹き流し

吹き流し(ふきながし)

自然界では、風邪に吹かれて幹や枝が一方向に伸び曲がってしまう事があります。 この吹き流しはそのような木を模したものの事を言います。 特徴としては、幹はもとより、枝さえも全て一方向を向いている状態です。 斜幹と間違えられやすいですが、吹き流しは枝が全て一方向にという点が区別できる点になります。

※黒松、エゾ松

双幹

双幹

一本の根元から、二本の幹が出ているもので、両方が成長したものを双幹といいます。枝の育ち方、主幹と副幹のバランスが大切です。

※モミジ・カエデ

ばん幹

蟠幹(ばんかん)

自然界では、木が激しい風雪の中で耐えたものを蟠幹といいます。蟠幹の特徴は激しい曲が左右にあり激しく揺れた雰囲気をだしている点です。風雪に耐えた生命力を感じるものが良いとされています。