盆栽を購入したら?

購入したらまず、植え替えが必要です。 植え替えをしないと、根の成長に偏りがでてしまい、強い根のみ成長してその他の細い根は成長できず、水分の吸収がわるくなってしまいます。土に関しても痩せてしまいますので必ず植え替えを行ってください。

植え付け作業

植え替え作業はだいたい、3月等、植え替えた後、季節が暖かくなる時期がよいでしょう。暖かくなると根も出やすく、植え替え後もスムーズに育ちやすいでしょう。

1.根を抜く

まず最初に鉢の淵をたたいて株を抜きましょう。

1.コケをはがす

コケ等、土の表面についている、草を丁寧にはがしましょう。 植え付け後、載せるので大事に取っておきましょう。 コケは乾かさないようにしましょう。

3.土を落とすく

土はしっかり落としてください。後々入れる用土と交わらないように橋や棒等を つかって、根が綺麗に見えるまで残さず。

4.水で根を洗う

土を払った後、さらに念には念をいれて水で洗いましょう。 これで、かなり綺麗になったはずです。

5.根を切る POINT!

根は水平に切っていきましょう。太い根はえぐるようにして 根の上の方からすっぱり切ってください。 横に伸びそうな細い根はのこして、まさに水平に。 ここで、遠慮して根を残してしまうと、その根のみが 強く成長してしまい、他の根に栄養がいかなくなるので ここは重要です。

6.根に土を埋め込む

綺麗になった根ですが、そのまま植えても根に土がはいっていきません。 ですので、根を逆さにして土を根に埋め込むように強く抑えてください。 埋め込んだ後は、霧吹きをかけておきましょう。そうする事によって 逆さにしたと気に土がおちなくて済みます。

7.鉢底ネットの固定

任意の鉢を用意します。鉢は種類や形によって様々ですが、 ここでは、樹木を固定できるものを使うものとします。 まず、鉢のそこに鉢底ネットを敷きます。そして針金を 引っ掛けるように通し、鉢の中央の大きな穴からだし、 鉢の底に沿うように広げて曲げます。 これで、ネットの固定が出来ました。

8.木固定の針金の設置く

鉢の底にある2か所の穴から針金を通します。 通した針は鉢の内面に広げるようにして曲げておきましょう。

1.用土を敷く

鉢底ネットが隠れるくらい大きめの石(土)を敷きましょう。 そして、その上に元肥を敷き、その上に用土を巻いてください。

9.幹を設置

幹を用土の上にかぶせ、角度やバランスを見ながら軽く押してください。 その後、8.で出しておいた針金で根を包むように固定、針金はヤットコなど で2~3回捩じって外れないようにしておいてください。

10.最後の仕上げ

植えた盆栽の表土部分の隙間を埋めるように用土を加えていきましょう。 用土その後水をたっぷりやってから、コケを載せれば完成です。

文字だけだと分かりづらいですね。植え替えの時期になれば実際の 画像をのせますので、こうご期待で宜しくお願いします。